2007.09.24

MotorSport JAPAN 2007

9/23、24に東京お台場で行なわれた「モータースポーツジャパン2007」に行ってきました。
ホンダ/バトン&トヨタ/トゥルーリがそれぞれのF1マシンでデモ走行をするということで「久々にF1サウンド、生で聴きて~」と足を運んできました。

ギャラリー大勢で背伸びしないと見られないという状況でしたが、運良く目の前でメカニックのエンジン始動前の調整とエンジンスタートを見ることができました。

Ra107 Notepc

テレビ中継でも気になっていたのですが、エンジン始動時はマシンにノートPCを接続してなにやら操作をしているのが前から気になっていました。
もしかして普通のノートPCではなく何か特別な機器なのかと思っていたら・・・普通にパソコンでした。
画面表示までは見えなかったのでWindowsなのか別のOSなのかは未確認ですが、左はLenovo ThinkPad R61、右はHP nx5000あたりでしょうか?

F1マシン見に行ったのにいったいどこ見てんだか・・・? 職業病だ~っ!



写真と動画も撮ってきましたのでよろしければこちら(F1 TV観戦術)もご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.15

Interop Tokyo 2007

Interop2007_1

「Interop Tokyo 2007」が今年も幕張メッセで開催されました。
主催者発表の来場者数を見ると昨年より若干少ないようです。
確かに会場を見ても昨年よりちょっと活気が無いというか雰囲気が違うなと感じました。

松下、富士通、NTT、NECなどの大手は相変わらずドカンと大きなブースを構えていました。
あとはCisco、F5、ジュニパー、H3C、ファウンドリーと続いてましたが、そういえばネットマークスが今年は出展していませんでした。

興味を持つところとしてはやはりネットワーク製品(ハードウェア)に目が行ってしまいます。
特にルータ関連は毎年注目していますが、最近はセキュリティ、VPNに加えアンチウィルス、アンチスパイ、URLフィルタ、更にはWinnyなどのP2Pフィルタを搭載する製品も増えてきました。

そんな中、最近問題となっているスパムメールをフィルタリングしてくれる製品を探していたらありました。
■Fortinetの「FortiGateシリーズ」
比較的低価格で9つのセキュリティフィルタを搭載。
こういう製品を“UTMアプライアンス”と言うそうです。
詳しくはFortinetのサイトを見ていただければと思いますが、どの程度スパムメールをフィルタしてくれるか一度試してみたい製品です。
Forti_logo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.29

WPC vs Interop

WPC
WPC EXPOに行くのは今回が初です。ウィルコムの話題にひかれて行ってみることにしました。
確かにウィルコムのブースは隣のKDDIよりもスペースが狭いのに大盛況という印象でした。その他にも数社で盛り上がっているブースはありましたが、全体的にはなんとなく「物足りない」という印象を持ち2時間も経たないうちに会場を後にしてしまいました。


interop
WPCは主題がはっきりしない部分があるような気がします。一般向けなのかビジネス主体なのかも良くわかりません。多分この印象の違いは今年の6月に開催された「Interop Tokyo」と比較してしまうからだと思います。

Interopはテーマが明確で、出展者も会場に来る人たちも何か「期待」を抱いて参加し活気があるように思います。確かに来場者数はWPCの方が多いのですが、これは個人ユーザーの多さが影響しているように思います。
まあ目的の異なる展示会ですから私がここで良し悪しの判断をする必要はないのですが・・・。

今年もコンピュータ関連の大きな展示会は一通り終了という感じです。
ちなみにJETRO(日本貿易振興機構)のサイトに「見本市・展示会データベース(J-messe)」というページがあり、国内および海外での見本市・展示会の検索を行うことができます。“情報・通信”関連の今年の展示会を検索してみたところ113件もヒットしました。ここには載らない企業各社の「プライベートフェア」を入れると1年間にかなりの数の展示会が行われているいるのだなと改めて驚いてしまいました。

来年はNET&COMInterop TokyoCEATEC JAPANあたりを見学したいなと思っています。あと、できればMacworld Expo Tokyoも復活してくれると嬉しいなと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.06.09

Interop Tokyo 2005

今年も行ってきました「Interop Tokyo 2005」 in 幕張メッセ
 公式ページ:http://www.interop.jp/
昨年までの「NetWorld+Interop Tokyo」という名称が今年から「Interop Tokyo」に変更されています。
 プレスリリース:http://www.medialive.jp/press-release/inner.php?news_c=1040

interop

「Interop」とは最新のネットワーク環境やソリューションを体感できる展示会です。開催期間だけのためにネットワークが張り巡らされた会場はそれ自体がひとつのネットワーク・ショーケースとなり、各社のブースには様々なネットワーク関連機器が並べられ派手な衣装を着たコンパニオンのお姉さんがカタログやアンケートを配り、技術者の皆さんが熱心に自社製品の説明をしています。
会場に足を運ぶお客さんもエンドユーザーだけではなくそれらの機器を販売するリセラーや技術者の方が多く、スーツ姿の人がメインです。
このあたりはモーターショーやWPC EXPO とは一味違った雰囲気です。
今年は「個人情報保護法」の施行や情報流出などの話題が取り上げられたこともあり“セキュリティ”というキーワードがかなりの部分を占めているように感じられました。

この展示会のもうひとつの楽しみが、各社が配っているノベルティグッズ集めです。
アンケートに答えて名刺を添えて受付に出すと製品のカタログとともにいろんなノベルティグッズがもらえます。
ほかにも抽選会や福引などを行っているブースもあり、自転車やデジタルハイビジョン液晶TVなんかも当たるみたいです。
今年は見学の時間が短かったせいもありやや少なめでしたが収穫はこんな感じでした。

Novelty


初めて「Interop Tokyo」に行ってみようかなと思っている方のために『心得』を伝授しましょう。
■チケットの入手は事前登録が便利
公式ページから登録できます。当日スムーズに入場できます。
■名刺はたくさん持っていきましょう
アンケートを記入する時に会社名や住所・氏名などを記入する手間が省けます。
■興味あるブースは事前にチェック
闇雲に歩き回ると疲れます。自分なりのコースを決めておくとよいでしょう。
■説明員の人と会話ができるくらいの知識は身につけていきましょう。
製品についてわからない事はどんどん聞いてしまいましょう。でも、最低限の基礎知識は持っていたほうがよいと思います。
■リュックサックを持っていくといいかも
製品のカタログ収集を目的で行かれる方にお勧め。会場でもらえる手提げ袋では帰り道ヘトヘトになります。
持ちきれないくらい集めちゃった人は現地からの宅配サービスもあります。
■コンパニオン目当てに行くのはやめましょう
  会場内は基本的に写真撮影禁止です。コンパニオンのお姉さん達もポーズとってくれたりはしません。
   (でも綺麗なコンパニオンさんはたくさん居ますので見るだけならOKかも・・・)

以上、参考になるかどうかは別として興味ある方は是非足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)