« F1も日本に応援メッセージ | トップページ | NIFTY-Serve »

2011.04.11

MacOS 10.6.7でNewCIDフォントが使用できない

その後、4/28付でアップルより公開された『Snow Leopard フォントアップデート』により下記の不具合は解消されたようです。

なお、Snow Leopard フォントアップデートをインストール後もアプリケーションのフォントメニューにフォント名が表示されない場合にはフォントを上書きでインストールし直すと正常に戻るという報告もありました。

------------------------------------------------------------------------------

2011.4.4付け モリサワからの情報です。

MacOS X 10.6.7でNewCIDフォントが使用できない現象について

MacOS 10.6.7へアップデート後、NewCIDフォントを使用した際、「不正なフォントが検出されました」とのエラーが発生し、NewCIDフォントが使用できない現象が発生しています。
OpenTypeフォントのご利用にはこの現象は発生していません。

Cid_error

モリサワPassportのインストーラーで正規にインストールしたにもかかわらず、アプリケーションのフォントメニューに表示されません。
10.6.6でも現象が発生するとのことです。

新規に作成するものはOpenTypeを使えば問題ありませんが、過去にNewCIDフォントを使って作成したドキュメントは開くときにエラーが出てしまいます。

すべてのフォントを置き換えるのも面倒な作業なんですよねぇbearing
さて、アップルさんとモリサワさん、どちらが解決してくれるのでしょうか?

|

« F1も日本に応援メッセージ | トップページ | NIFTY-Serve »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/51364354

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS 10.6.7でNewCIDフォントが使用できない:

« F1も日本に応援メッセージ | トップページ | NIFTY-Serve »