« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.04.16

NIFTY-Serve

1987年4月15日にニフティ(当時の社名は「エヌ・アイ・エフ株式会社」)が「NIFTY-Serve」という名称でパソコン通信のサービスを開始してから25年が経ちました。
これを記念して@niftyでは「ニフティ25周年記念サイト」を立ち上げています。

その中で当時のパソコン通信サービス「NIFTY-Serve(ニフティサーブ)」を再現したページも開設。

インターネットの前身ともなるパソコン通信の世界をシュミレート。
しかもTwitterと連動して#nifty25のハッシュタグ付きでツイートすると、その内容が掲示板に反映されるという凝りよう。

Nifsrv

この懐かしさ、たまりません!
はじめた頃はターミナル画面でキーを入力しての巡回でしたけど、だんだん便利なツールがそろってきました。
「ComNifty+魔法のナイフ+茄子」
なんていうのを憶えてる方もいるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.11

MacOS 10.6.7でNewCIDフォントが使用できない

その後、4/28付でアップルより公開された『Snow Leopard フォントアップデート』により下記の不具合は解消されたようです。

なお、Snow Leopard フォントアップデートをインストール後もアプリケーションのフォントメニューにフォント名が表示されない場合にはフォントを上書きでインストールし直すと正常に戻るという報告もありました。

------------------------------------------------------------------------------

2011.4.4付け モリサワからの情報です。

MacOS X 10.6.7でNewCIDフォントが使用できない現象について

MacOS 10.6.7へアップデート後、NewCIDフォントを使用した際、「不正なフォントが検出されました」とのエラーが発生し、NewCIDフォントが使用できない現象が発生しています。
OpenTypeフォントのご利用にはこの現象は発生していません。

Cid_error

モリサワPassportのインストーラーで正規にインストールしたにもかかわらず、アプリケーションのフォントメニューに表示されません。
10.6.6でも現象が発生するとのことです。

新規に作成するものはOpenTypeを使えば問題ありませんが、過去にNewCIDフォントを使って作成したドキュメントは開くときにエラーが出てしまいます。

すべてのフォントを置き換えるのも面倒な作業なんですよねぇbearing
さて、アップルさんとモリサワさん、どちらが解決してくれるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »