« Apple USキーボードで起動時のキーが効かない | トップページ | Deep Freeze »

2010.08.28

WindowsXPの起動が遅い・重い

追記(9/17):
この問題に関してマイクロソフトから解決のお知らせが掲載されました。
 ■マイクロソフト サポート オンライン
 ■Microsoft Answers フォーラム

----------------------------------------------------------------
8月に入ってから「WindowsXPの起動が遅い・重い」という話題があちらこちらで言われています。
起動直後にwuauclt.exeとsvchost.exeがメモリを大量に消費して、操作を殆ど受け付けない状態が暫く続きます。
wuauclt.exeはWindowsUpdateやMicrosoftUpdateで、更新履歴を元に最新アップデートを監視するプロセス。

Task_manager

その履歴が増え続けて動作が重たくなるという事で、履歴の削除方法がいろいろなサイトやブログで紹介されています。
その方法はマイクロソフトのサポートオンラインにも掲載されています。
「WindowsUpdateサイトで利用可能な更新を検索すると0x80248013エラーが表示される」

ところがこの対処を行っても暫くするとまた同じ状態に戻ってしまうというのが今回の不具合の特徴のようです。
マイクロソフトでもこの現象は既に認識していると思うのですが未だパッチ等の改善策は提供されていません。

とりあえずの暫定対処としてはMicrosoftUpdateが有効になっている場合、WindowsUpdateに戻すと症状が治まるということで、現象の発生しているパソコンで実施してみたところ比較的安定しました。

MicrosoftUpdateの使用停止方法はこちらです。
「Microsoft Update の使用を停止するには」

追記(8/31):
その後MSのサポート・オンラインのトップページに「この問題を調査中」という旨のお知らせが掲載されました。
間もなく対策が打たれると思われます。

|

« Apple USキーボードで起動時のキーが効かない | トップページ | Deep Freeze »

コメント

早く XP の使用を止めろ!という Micro$oft の陰謀なんじゃないかと個人的に思ってます。増設メモリが壊れて512MBしかない Let'snote R3 が最大で760MBまで到達していました。

履歴キャッシュの削除はだいぶ前に試みましたけど、再起動してもほぼ同じ大きさのUpdate更新キャッシュ(マシンによりますが120〜160MBのファイル)をバックエンドで再作成していて、そのためにリソースがどんどん食いつぶされてました。

とりあえずいろいろ試して、私の回避策は、休止状態とその復帰の繰り返しです。

投稿: ごはん | 2010.08.30 11:03

ごはんさん、コメントありがとうございます。

その後MSのサポート・オンラインのトップページにこの問題を認識しているという旨のお知らせが掲載されました。
http://support.microsoft.com/?ln=ja

間もなく対策が打たれると思われます。

それにしても余計な仕事を増やしてくれたものです。

投稿: infrastructure | 2010.08.31 00:11

ちは、暑いね~。
確かにマイPCは遅くなっていました。
マニアックだけど、とてもためになる記事!
感謝です。
-なみきち

投稿: なみきち | 2010.09.05 12:12

投稿: ak | 2010.09.10 12:15

akさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

ご紹介いただいたサイトは私も時々チェックをしていました。
マイクロソフトはいつになったら公式コメントを出すのでしょう?
このまま流してしまったりして(^_^ゞ

投稿: infrastructure | 2010.09.10 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/49277296

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPの起動が遅い・重い:

« Apple USキーボードで起動時のキーが効かない | トップページ | Deep Freeze »