« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.23

SnowLeopardのDVDに不良品

Macosxsnowleopardicon
8/28に発売されたMacOS 10.6(SnowLeopard)ですが米調査会社NPD Groupの調査によると発売後2週間の販売本数が、旧バージョンの販売本数を大幅に超えたという話題がありました。
 Yahooニュース「AppleのSnow Leopard、売り上げ好調」

その一方で、特定のロットの DVD でインストール中に読み込み失敗が発生し、インストールができないという事例が発生しているようです。(スラッシュドット

アップルのDiscussionsにも投稿されています。(Apple Discussions - Japan

特に次のロット番号の DVD で読み込み不可というトラブルが多いとのことです。
心当たりのある方はAppleのサポートにご連絡を。

■MEDIAGATE 2Z693-6990-A RECORDED IN SINGAPORE L1 (B09 000125)
■MEDIAGATE 2Z693-6990-A RECORDED IN SINGAPORE L0 (B09 000124)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.21

SSDのプチフリ

SSD(Solid State Drive)もかなり価格が下がりそろそろ導入を考えようかといろいろ調べていたら、まだ問題があることを知りました。
Intel_ssd

SSDの欠点として…
・書き換え可能回数に上限がある(ウェアレベリングが必要)
・記憶容量あたりの単価がHDDと比較して高い
・一部の機種はランダムライト性能が非常に低い
・OSによるサポートが不備である
・データ保持時間が有限である

上記の他にも廉価なSSD製品の一部を搭載したパソコンで時々発生する「プチフリ」(petit freeze)と呼ばれる現象があります。
これはSSDをパソコンのシステムディスクとして使用した時、小さなファイルを頻繁に読み書きするなど激しいアクセスが行なわれることでパソコンの動作が鈍くなる現象だそうです。

プチフリを防止する策としていくつかのソフトウェアもあるようです。
Buffaloなどは自社のSSDでこの現象が発生することを認め、独自のプチフリ解消ソフト「ターボSSD」を公開しています。
他にも同様のソフトが存在するようです。
Petite Freeze Buster
FlashFire

また、前述したWindows SteadyStateの「ハードディスク保護」という機能もプチフリを解消できるといった報告もあるようです。

これらを考えるとSSDはもう少し"待ち"かなぁ?
とも思いますが、その速度と静音性には魅力があるので"自己責任"ということで試す価値はありそうです。
MacBookやMac miniに入れてSnowLopardなんかで試してみたいです。(プチフリ解消ソフトは動きませんが・・・)

Intel_micron_ssd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.20

共有コンピュータ環境

企業で利用されるコンピュータは今では1人1台が当たり前の時代。
一般家庭でも複数台所有は珍しいことではなくなっています。
自分しか利用しないパソコンなら自分なりのカスタマイズを施し、利用しやすい環境を整えていることでしょう。

逆にパソコンは苦手という方は与えられたままの環境をそのまま利用している場合もあると思います。こういう方はちょっと環境が変わっただけでも「あれ?」と思い、すぐに情報システム部門の人にお世話になることも多々あるかと思われます。

環境によっては1台のパソコンを共同利用するケースもあります。
代表的なところでは教室やネットカフェ、企業内で特定業務に利用するパソコンなど…

私も企業内で共有利用されるパソコンのメンテナンスを行うことがあります。
導入時には利用方法を考慮して、ユーザーのアクセス権により出来ることを制限する場合もあります。
それでも時間が経つとデスクトップは作成されたファイルでアイコンだらけになったり、不要なアプリケーションがインストールされたり、ウィルスに感染していたり。
時には個人情報がそのまま残っていたりすることもあります。

Windows_steadystate

そんな「共有コンピュータ」の抱える問題を解消してくれるソフトがあります。
マイクロソフトが無償で提供する「Windows SteadyState」。
Windows XP または Windows Vista コンピュータに Windows SteadyStateをインスールすることにより、再起動するだけでパソコン環境を元の状態に戻してくれます。
利用するユーザー毎にプロファイルも作成でき、予期せぬ操作でPCの環境が壊れるのを防ぐ効果もあります。

ご家庭でみんなが使うパソコンに入れておくのもいいかもしれませんよ、お父さん(^_^)

〔参考サイト〕
Windows SteadyState で、共有アクセスコンピューティングを実現 - Microsoft
共有PCの状態を再起動のたびに初期化できる - 窓の杜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »