« Windows7 フォルダー構造 | トップページ | 共有コンピュータ環境 »

2009.07.02

Mac OSX 10.6のBootCampでHFS+が読み込める

MacOS X 10.6 Build 10A380(SnowLeopard)を借りたので早速インストールしてみました。

Snowleopard

既にインストールレポートや検証レポートを掲載しているサイトはたくさんあるので詳細は割愛しますが… (また手抜き)

気になっていたのが、10.6に搭載されているBootCampはMac OSXの「HFS+」でフォーマットされたボリュームをWindows側で読み込みできるという点でした。
早速10.6をインストールしたMacでBootCampを起動しパーティションの設定後、Windows7 RC版をインストールしてみました。
新OSの競演です。

Snowbootまずは10.6を起動してWindows7を入れたNTFSボリュームがマウントされることを確認。
ただしこちらも読み込みのみでのでボリュームの名前変更すらできません。
ただこれはWindows側でボリューム名を変更すれば、MacOS側でも反映することがわかりました。

さてWindows7をインストールして起動。
BootCampのドライバをインストール。
おっと“Macintosh HD”がマイコンピュータ(7の場合は単に“コンピュータ”ですが)のなかに在るではないですか!

どちらのOSからも一方通行ではありますがデータを移動することができるようになりました。
これならOS切り替えのための再起動の回数も減らせるかも。

もう一つ気になったのが、ネットワークからAppleTalkの文字が消えた!
とうとう捨てたんですね、アップルさん。
(ファイル共有のオプションでAFP接続を選ぶ項目は残っている)
まあ、この件についてまたの機会に…

|

« Windows7 フォルダー構造 | トップページ | 共有コンピュータ環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/45520288

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OSX 10.6のBootCampでHFS+が読み込める:

« Windows7 フォルダー構造 | トップページ | 共有コンピュータ環境 »