« クラスB は使えません | トップページ | MacでWindowsキーボード »

2008.10.16

ぷらら:パケットフィルタ機能

外部にあるデータ共有用のAFPにサーバーに接続できないという事例です。
MacOS からインターネット経由でAppleTalkを利用して接続できるAFPサーバーに接続しようとすると「接続に失敗しました」というエラーメッセージが出て接続できません。

利用している回線は、NTT Bフレッツ。
ルータはNTTからレンタルの、ひかり電話対応ルータ「PR-200NE」です。

このAFPサーバーを提供している業者さんに問い合わせせたところ「他のクライアントさんではそのようなトラブルは無いんですが…」ということでした。
試しにまったく別の場所、別の回線から接続を試みたところ、確かに問題なく接続できます。

であれば回線とネットワーク環境に問題ありと判断して、まずはルータ「「PR-200NE」を疑ってみました。
このルータは“パケットフィルタリング”の機能があり、設定も細かく行うことができます。
ディフォルトで幾つかのフィルタがONの状態ですが、ごく一般的なものしか設定されていません。
AFPサーバーと通信するためのポート「548」も特に拒否されていません。
試しに全てのポートを解放(ちょっと無謀ですが)してみましたが、結果は同じでした。

次に確認したのが契約しているプロバイダ。
サーバーの業者さんから「契約しているプロバイダでブロックされてないでしょうか」というヒントを頂きました。
確かに最近はWinny対策などで制限をかけているプロバイダがあることは聞いていましたが、AFPポート548までブロックするのかなと思いつつ調べてみました。
契約先は「ぷらら」です。

Plala_logo

「ぷらら」のホームページで会員サポートを見ていると、ありました。
「ネットバリアベーシック パケットフィルタ機能」
会員用のページにログインして設定内容を確認したところ、このフィルタが最強の“レベル2”に設定されていました。
どのレベルが何のポートを閉じているかまでは記載されていませんでしたが、レベル別通信一覧表を見るとiTunes動画やSkype、ニンテンドーDS、Wii、PS3などの通信も遮断するようです。

早速レベル2(強)→レベル0(OFF)にしてみたところ、5分ほどで設定が反映され、AFPサーバーへの接続も見事成功しました。

2008年6月以前にぷららと契約したユーザーはディフォルトでレベル2(強)のフィルタが設定されているようですが、最近はレベル1(弱)に落としているようです。
確かにiTunes動画やSkype、ニンテンドーDS、Wii、PS3などの通信止めたら、困るひとは多いですよね。

あっ、もちろんルータのフィルタは元の状態に戻しましたのでご心配なく cat

|

« クラスB は使えません | トップページ | MacでWindowsキーボード »

コメント

久々です。なかなか、登場しませんがたまにチラ見しております。最近は、当方も中古パソコンなんぞに手を出しつつ
あり危険なことになっております。って感じでもないですけど。XPの販売も各社終わりましたが、まだまだXPの人気は健在で、安定供給できる商材は必要と感じ取引となったのです。
ネットオークションとかには太刀打ちできませんが
中古でも高スペックが意外といろんな人の反応は良く、
ネットつないでなかった
人もネット契約をするなど、結構いい感じになってきて
おります。=自動的にお客様ということで・・・。
しかし、ASUSの100円PCを始め、低価格戦略・不況が効いてきて、厳しい一方ではあります。ま、うまく同調した
流れを組めると全く問題なくなるとは思います。
本当にPCって最近安くなったな~~とつくづく感じます。

投稿: hiyoko | 2008.10.27 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/42811441

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらら:パケットフィルタ機能:

« クラスB は使えません | トップページ | MacでWindowsキーボード »