« 自動ログインしてしまいます | トップページ | Leopardインストール Part 2 »

2007.11.03

Leopardインストール Part 1

MacOS 10.5 「Leopard」をインストールしてみました。
インストールしたマシンはPowerMac G4 Dual 1.25GHz (MDD) です。

既に10.4(Tiger)が動いているこのMacに新しいハードディスクを増設してのインストールです。
10.4が動いていればアップグレード版のLeopardのインストールDVDでも空のハードディスクへの新規インストールが可能です。

カスタマイズで不要なプリンタドライバを除くのと、インストールの初めに行なわれるDVDの検証をスキップすれば約30~40分でインストールが完了します。

再起動後セットアップ画面が立ち上がるのですがここでいきなり音楽が流れ始めます。
静かな部屋でインストール作業をしているとこれが結構うるさいのですが、ここであわてずにキーボードでボリュームを下げましょう。Inst_1

更に進むと今度は“ユーザ登録の情報”画面が表示されますが入力するのが面倒という時には[command]+Q でスキップすることも出来ます。

Inst_2_2

これでインストールは完了。
動作はPowerMac G4(MDD)ならばまあまあのスピードで動いてくれました。10.4と比べても体感的には同じくらいのスピードです。

システム環境設定の各項目は多少変更された部分もあり直感的にわかりやすくするための改善が見られました。
とりあえずインストールしたというだけでアプリケーションの動作確認はこれからですが、Classic環境はPowerPCのMacでも利用できなくなっていますのでご注意を。

|

« 自動ログインしてしまいます | トップページ | Leopardインストール Part 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/16956538

この記事へのトラックバック一覧です: Leopardインストール Part 1:

« 自動ログインしてしまいます | トップページ | Leopardインストール Part 2 »