« CrossOver Mac | トップページ | OutlookExpressの受信データが突如消える »

2007.06.02

MacOSX10.4.9 にアップデート後のファイル共有エラー:その後

以前の記事
MacOSX10.4.9 にアップデート後のファイル共有エラー
のその後の情報がアップルコンピュータの技術情報にそっとアップされてました。

Mac OS X Server 10.4.9: Mac OS 9 クライアントから AFP 経由でファイルをコピーできない

以前の記事に書いた方法、“10.4.8のファイルに入替える”よりも簡単に修復できます。
技術情報のタイトルは「Mac OS X Server 10.4.9」となっていますがクライアント版のMacOS 10.4.9でも有効です。

ターミナルソフトはMac標準の“ターミナル”が利用可能です。
(HDD内/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル)
Terminal

手順は後半のdefaults を使う方法がよいと思います。
----------------------------------------
1.すべてのユーザがサーバに接続されていないことを確認します。
2.Apple ファイルサービス(パーソナルファイル共有)を停止します。
3.「ターミナル」を開き(もしくは他のコンピュータからサーバに ssh 経由で)、以下のコマンドを 1 行で実行します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleFileServer TCPQuantum -int 327680

4.Apple ファイルサービス(パーソナルファイル共有)を開始します。
----------------------------------------

|

« CrossOver Mac | トップページ | OutlookExpressの受信データが突如消える »

コメント

この問題ではずっと困っており、あちこち検索しておりました。Appleサイトの記事は見ていましたが、詳しくないもので「ターミナル」がどこにあるかわからず解決できませんでした。
コマンドの実行などやったことが無いので試行錯誤しましたが、無事に実行されたようで、OS9からOSXへのファイルコピーができるようになりました。本当に助かりました。ありがとうございました。

投稿: けろんた | 2007.11.08 15:30

> けろんた様
はじめまして。

MacもOS9まではコマンドなんて無縁でしたがOS Xになってからはトラブル解決にコマンドでの操作も必要となってきました。
UNIXの世界は避けてきたのですが…(-_-;)

お役に立てて嬉しいです。
今後もよろしくお願いします。

投稿: infrastructure | 2007.11.08 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/15286388

この記事へのトラックバック一覧です: MacOSX10.4.9 にアップデート後のファイル共有エラー:その後:

« CrossOver Mac | トップページ | OutlookExpressの受信データが突如消える »