« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.21

MacOSX10.4.9 にアップデート後のファイル共有エラー

OS 9.22のMacからファイル共有でOS10.4.9の共有をデスクトップにマウントして、データをコピーすると、途中で接続が切れ、「ファイルサーバーとの接続が突然解除されました」との表示と「サーバと接続されていないので、選択したファイルをコピーできませんでした」というメッセージとともに、マウントしていたボリュームも消えてしまうという現象があります。

ソフトウェアアップデートでOS10.4.9に上げたMacで必ず再現しているようで、アップルのディスカッションボードでも話題になっています。
http://discussions.info.apple.co.jp/WebX?128@768.7rewbLCWS6q.3@.f021284

これだけ現象が顕著に出ているのでアップルから正式なコメントやパッチが出ると思い待っていたのですが、未だ発表がありませんので暫定策として回避方法を記しておきます。

この現象を回避するためにはOSを10.4.8にダウングレードする必要があるのですがそれにはMacを一度初期化する必要があります。
現実的にそんなことはできないので以下の方法にて対処すれば現象回避できるという情報を転載します。
-----------------------------------------------------------------
●MacOSX10.4.9 にアップデート後に OS9 で OSX にアクセスしてファイルを OSX にコピーするとサーバとの接続が切れる場合。
1)ファイル共有を停止
2)Apple のホームページから「MacOSXUpdCombo10.4.8PPC.dmg」をダウンロードする
3)ディスクイメージをマウントする(Mac OSX 10.4.8 Combined Update)
4)Mac OSX 10.4.8 Combined Update 内の MacOSXUpdCombo10.4.8PPC.pkg のパッケージの内容を表示させる
5)MacOSXUpdCombo10.4.8PPC.pkg/Contents/Archive.pax.gz を解凍する
6)解凍されて Archive フォルダが出来るので、その中の Archive/System/Library/CoreServices/ ディレクトリ内の「AppleFileServer.app」を問題の OSX の /System/Library/CoreServices/ ディレクトリ内の同一ファイル名の物と入れ替える
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »