« SonicWALLの設定でトラブル | トップページ | Yahooだけ繋がらない »

2007.01.07

MacG4(MDD):電源入らず

2007年、本年もよろしくお願いします。

仕事始め一発目のお仕事はMacintoshのトラブルでした。
M9145ja
PowerMac G4 (M9145J/A:Mirrored Drive Doors)
電源ボタンを押してもまったく電源が入りません。
LogicBoard上のPMUリセットスイッチを押してもダメ。
明らかに電源回路不良です。過去にも同様のトラブルを数例経験してますので間違いない!

どうもPowerMac G4(MDD)の電源回路は不良が多いようで、過去に1度だけ壊れた電源回路をばらしてみたことがあります。
そのとき確認できたのは回路上のガラス管ヒューズが切れていました。
試しに同規格のヒューズに交換してみたのですがトランスのあたりから“パチッ”と火花が散ってあえなくまたヒューズが飛んでしまいました。(それ以上の深追いはやめときましたが・・・)

さて修理です。
普通ならアップルかアップル正規プロバイダに本体を預けて修理してもらいます。
もちろんMacG4ですから1年間の保証期間は過ぎていて有償修理です。
この場合の修理代は51,450円(税込)の一律価格。

ところがアップルのサポートページを見ると「在宅自己交換修理」というものがあります。
PowerMac G4(MDD)の場合LogicBoardや外装以外のパーツはほとんど自己交換が可能です。
 ※交換可能パーツと交換方法はこちら

不良パーツとの交換になりますが在庫があれば数日(早い時には翌日)で届けてくれます。
 ※代金の支払いはクレジット・カードか部品到着時の代引き
自分で交換するのですから価格も部品代金のみ。
今回の場合の部品代は14,280円(税込み)。(37,170円もお得)
 ※2008年に入り価格が値上げされてます。

分解・交換は慣れれば15分程度で終わります。
交換方法もアップルのサポートページにPDFファイルとして公開されてそんなに難しくありません。

PowerMac G4(MDD)はMacOS9の単独起動ができる最後の機種ですからいまだに中古市場でも高値で取引されているようです。
しばらくは壊れても買い換えずに修理して使い続けられることでしょう。
ただ問題はアップルがいつまでサポートしてくれるかというところです。
ちなみにグラファイトのG4はそろそろサポートが終了するようです。

誰かIntel MacでOS9以前のクラシックアプリが動かせるエミュレータ作ってくれないかな~。


|

« SonicWALLの設定でトラブル | トップページ | Yahooだけ繋がらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/13368436

この記事へのトラックバック一覧です: MacG4(MDD):電源入らず:

« SonicWALLの設定でトラブル | トップページ | Yahooだけ繋がらない »