« バックアップ 「StandbyDisk」 | トップページ | UPSから警告音 »

2006.05.20

N-RAIDから警告音

Nraid1
ヤノ電器製 「N-RAID」シリーズの4ドライブモデルをご利用のお客様よりお電話です。
最近「ピーピー」と警告音が鳴ったり、自動的にシャットダウンしてしまうことがあるとのお問い合わせでした。
これは既に数台のN-RAIDで経験している現象で、機内の温度上昇が原因と思われます。

N-RAIDにはいくつかの障害検知機能があります。
 ・ディスク障害
 ・ボリューム異常
 ・CPU温度異常
 ・ファンの回転異常

CPU温度は通常50℃あたりで稼動しているようですが、60℃を超えたあたりから警告を発し更に温度が上がると安全のため自動的にシャットダウンしてしまうようです。
温度上昇の原因はやはり機内に溜まったホコリによる空気の流れの遮断が主因です。
N-RAIDの場合、本体背面の2基のファンが空気を吸引し正面のディスクホルダ取っ手部から排気する構造のようですが、この取っ手の部分がスリット状になっていてそこにホコリが溜まります。

Drive
清掃方法は簡単です。
一度本体をシャットダウンし、ディスクホルダを順番に抜き取り、取っ手の内側に溜まったホコリを刷毛などで落とします。
ディスクホルダを再度装着する時は順番を間違わないように注意してください。間違って挿すとRAID構成が壊れる可能性もあります。

作業完了後電源再投入。しばらく温度を監視していたところ55℃前後で落ち着いているようです。
ただ、先日新品のN-RAIDの温度を確認したら46℃位でした。もちろん室温や設置環境にも影響されると思いますが、もっとも良い状態にするには機械を分解してCPUの放熱板周りも掃除しないと無理なようです。(さすがにそこまではやりませんが・・・)

|

« バックアップ 「StandbyDisk」 | トップページ | UPSから警告音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/10152291

この記事へのトラックバック一覧です: N-RAIDから警告音:

« バックアップ 「StandbyDisk」 | トップページ | UPSから警告音 »