« バッテリが抜けない | トップページ | N-RAIDから警告音 »

2006.04.29

バックアップ 「StandbyDisk」

「パソコンが故障したのでOSをリカバリーする」
メーカー製のPCならば再セットアップという方法が取れますがそれも出荷(初期)状態までの復旧です。
業務で使われているPCとなればその後の再設定が一苦労です。(個人のパソコンでも同様ですが・・・)
 ・アプリケーションの再インストール
 ・ネットワークやメールの設定
 ・データの復元(バックアップしてあればの話ですが)
 ・プリンタや周辺機器の接続設定
過去の環境がたとえメモ書き程度でも残っていれば作業はスムーズなのですがそんなことを日課にしている人は稀です。
やれ「アプリのCDは何処だ?」とか「メールアカウントとパスワードの書類をなくした」だとか「マイドキュメントのバックアップは取ってたけどデスクトップに保存したデータは取り忘れた」・・・等など、それはもう大騒ぎです。

Windows2000を4年ほどご利用のお客様よりパソコンの買い替えのご相談をいただきました。
このお客様、過去に2回ほど障害によるOSのリカバリーを経験されています。
「新しいパソコンはバックアップをしっかり取れるような仕組みにしたいね。」
ということで機種選定を任されました。

機種を絞るにあたりまずは条件設定。
 ・データはもちろんのこと、システムやアプリケーションもバックアップできるもの
 ・障害からの復旧はできるだけ短時間で
 ・バックアップは完全自動化
 ・通常作業に負荷をかけない
そのほかCPU速度やメモリ、HD容量はごく一般的なスペックで考えて最終的に選んだのが「NEC Mate」です。

「NEC Mate」といえばNECのビジネス・デスクトップモデルですが、スリムタイプの筐体でも2基のハードディスクが搭載可能です。
そしてオプションで「StandbyDisk」をバンドルできるのが選定の理由でした。

MJ_9月キャンペーン

------------------------------------------------------
■StandbyDisk
1stHDDの内容を2ndHDDに定期バックアップ/復元を高速化
◆ 1stHDDの内容を2ndHDDに定期的に自動バックアップ。
◆ 1stHDD障害発生時は使用HDDを2ndHDDに切り替えることで、短時間でバックアップ時の環境に復元して使用を続けることができます。
◆ 重要なファイルを間違って上書きした場合や、ソフトウェアをインストールして動作が不安定になった場合にも、バックアップ環境から復元できるため効果的です。

        2ndHDDをバックアップ専用ディスクとして使用時

Standby

------------------------------------------------------

お客様先への納品の前にセットアップも兼ねて実際にStandbyDiskを試してみました。
1stHDDには普通にOS、アプリケーション等をインストール。(パーティションを区切ることも可能です)
2ndHDDへのバックアップは指定のフォルダ単位でもバックアップ可能ですが、今回は1stHDDを丸ごと2ndHDDに複製する方法を選択。
バックアップのタイミングは手動でも可能ですが、日単位・週単位・月単位でのスケジュールも組めます。

セットアップ完了後StandbyDiskを起動して手動でバックアップを実行。
1stHDDから起動できなくなったという想定でBIOS画面からBootDiskに2ndHDDを選び再起動してみたところ、見事まったく同じ環境で立ち上げることが出来ました。

実際にHDDが物理的に故障した場合にはHDD交換後再度StandbyDiskの再設定をしておけばOK。
設定もさほど難しくなく、バックアップも一度すべてをコピーしてしまえば2回目以降は差分のみのバックアップになるので短時間で終了します。
 ※サーバーとは違い24時間稼動ではないのでバックアップは毎日昼休みに動作するようにスケジュールしました。

まあ障害発生時にはHDDの交換やBIOSの設定変更などの作業は一般の方にはちょっと難しいかもしれませんが、サポートする側にとっては非常に便利なツールだと感じました。
もちろんHDD以外の故障(M/Bや電源障害)のことを考えてデータだけは外部媒体に別途バックアップしておけば完璧かもしれません。

「StandbyDisk」はソフト単体でも購入可能です。(ネットジャパン)
 ●StandbyDisk 2000-XP Pro 3.0 定価:15,750円(税込)

バックアップツールは各社から様々な製品が発売されています。
「StandbyDisk」以外に興味ある商品としては
 ・プロトン 「Acronis True Image」
 ・シマンテック  「Norton Save & Restore」
などがあります。最近ではサーバーのバックアップにもこのような製品を導入することがあるようです。
実際に導入してみたときはまたレポートしてみたいと思います。


iconicon StandbyDisk 2000-XP Pro 3.0 キャンペーン版icon
価格 7,340円(税込)
待機ハードディスクを使ったフェイルオーバーソリューション。
増設ハードディスクを活用し、Windowsを停止することなくシステムを含めたデータを簡単に、かつ、高速にバックアップすることができる。

iconiconAcronis True Image 9.0icon
価格 8,574円(税込)
PC&ファイルの完全バックアップソフト。今バージョンでは、従来のイメージバックアップ機能(システムのバックアップ)に加え、「ファイルバックアップ機能」を搭載。

iconiconNorton Save&Restore リテール版icon
価格 8,803円(税込)
パソコンの高速バックアップ/復元ソフト。DOSやブートディスクに頼らずに、わかりやすいWindowsインターフェースを使ってシステム全体のバックアップ/復元が簡単にできる。

|

« バッテリが抜けない | トップページ | N-RAIDから警告音 »

コメント

「アプリのCDは何処だ?」とか「メールアカウントとパスワードの書類をなくした」だとか「マイドキュメントのバックアップは取ってたけどデスクトップに保存したデータは取り忘れた」・・・等

個人でもしょっちゅうですね。勘弁してくれ。こちは飽くまでもアンタに言われたとおりにやってる迄なんだ、と。

投稿: p | 2006.05.06 08:16

10年後のPC環境はシンクライアント(thin client)が当たり前?
ネット上でアプリケーションソフトやファイルなどの資源を管理するシステムが確立してるかもしれません。
ユーザーは何も管理する必要がなくなるかも。
そうなればPCも消耗品扱いで、壊れたら即交換。
サポートのお仕事も半減してしまうかもしれませんね。

最近「Web2.0」の話題を見聞きするたびにそんなことを思うようになりました。

投稿: infrastructure | 2006.05.06 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/9818367

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ 「StandbyDisk」:

» Acronis True Image 9.0 [PCソフトのページ]
Acronis True Image 9.0 [続きを読む]

受信: 2006.05.20 15:30

« バッテリが抜けない | トップページ | N-RAIDから警告音 »