« プリンタフォントのインストール | トップページ | Intel・Mac・Windows »

2006.03.04

えっ!Serial ATA

HP_Biz
“HP Business Desktops PC”で「OSが起動しなくなった」とのご連絡。
電源を入れるとHDの読み込みができず真っ暗な画面の左上隅にカーソルが点滅している状態。
BIOS画面を確認したところ内蔵のHDは認識している様子。
フォーマット&リカバリーすれば戻せそうな感じでしたが、まだ購入から1年以内のメーカー保証期間内でしたので一応HDの交換をしてもらうことにしました。

ただし、例によって「どうしても取り出したいデータがある」とのこと。
ならば100%保証はできませんがHDを外して別のPCに繋いでHDの中身をを確認してみましょうということになり本体をお預かりしました。

会社に持ち帰り早速カバーを開けたところ、「あれ!このHD、SerialATAじゃん」。
別にSerialATAのHDが珍しいわけではありませんが、Windows系のPCでSerialATA仕様のPCを修理で預かったのは今回が初でした。
会社で使っている作業用PCのマザーボードにはSerialATAのコネクタなど持ち合わせていません。

幸いにも預かったPCのCDドライブはIDE仕様でしたので、ここに別のHD(IDE)を接続しOSをインストールして起動させることができました。
SrealATAのHDは一応マウントまではできたのですが、開こうとすると「ディレクトリ構造が壊れています」みたいなメッセージが出てしまいます。
この後の作業はあまり詳しく書けないのですが、全てのデータの取り出しはあきらめていただきました。
最後はメーカーにHD交換修理をしてもらい、OSをリカバリーしてご返却となりました。

----------------------------------------
そろそろ「SrealATA」の機器にも対応できるように準備が必要なようです。
ということで、新たな“道具”を探してみました。


Groovy UD-500SA
価格 3,580円(税込)
SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル

玄人志向 SATAD-IDE 変換ボード
価格 2,380円(税込)
SerialATAデバイス → IDEホスト変換

|

« プリンタフォントのインストール | トップページ | Intel・Mac・Windows »

コメント

お邪魔します、
なんか仕事場中変換プラグだらけになっちゃいますよね、私のところはちょうどタイミングがよかったので、マザーボードをシリアルATAも使えるやつに換えちゃいました。予想通り、用意したときに限って仕事は来ないですけど・・・。

投稿: pts. | 2006.03.04 23:17

pts.さん、どうもです。
いろんなケーブル類や変換アダプタやら、専用工具やら、各種CDやら、部品やら、それがまた必要な時にすぐに見つからなかったり・・・
机や棚の中は収拾が付かない状態に陥ってます。

投稿: infrastructure | 2006.03.05 13:45

ウチは1年前にCeleronD対応のマザーボードに入れ替えた時に、シリアルATAの使えるマザーボードになりましたが…1年たった今もまるっきり使ったことがありません(^_^;)
まぁ、いまだにWindows98とかMeとかが現役なんですし、BIGDriveだってほとんど遭遇しません。
意外と修理屋さんはゆっくりでもいいみたいですね(笑)。

投稿: ささもと | 2006.03.07 17:12

ささもとさん、こんばんは。
>意外と修理屋さんはゆっくりでも・・・
ゆっくりしていたらいつのまにか廻りの環境が変わってました(笑)。
追いかけても追いつけない日々です。

投稿: infrastructure | 2006.03.07 20:11

Windows系のPCでSerialATA仕様のPCを修理で預かっ

お恥ずかしい話ですが、まだ一度も無いです。
あの、小さいケブルも見た事無い。

投稿: p | 2006.03.15 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/8939459

この記事へのトラックバック一覧です: えっ!Serial ATA:

« プリンタフォントのインストール | トップページ | Intel・Mac・Windows »