« Mac:ブラウザ | トップページ | えっ!Serial ATA »

2006.02.23

プリンタフォントのインストール

NewCIDEPSONのPSプリンタ(PostScript)に内蔵されているハードディスクにプリンタフォントをダウンロード(インストール)する作業を行いました。プリンタが故障し内蔵HDDとメイン基盤を交換したための再インストールです。
ダウンロードするフォントはモリサワの「FD版 NewCIDフォント」でリュウミン、ゴシック、じゅん等11書体。

正直このフォントダウンロードほど嫌いな作業はありません。
何が嫌いかというと“環境を整えるのが面倒”、“時間がかかる”、“失敗する”なのです。
一度でも経験されたことがある方ならばイメージはつかめると思うのですが、何度やっても慣れる事はありません。

■環境を整えるのが面倒
ダウンロードはターゲットとなるプリンタと同一LAN上に接続したMacintoshから行います。
LAN上とは言っても作業中に他のPCから印刷をされたりするとダウンロードに失敗するので通常はMacとプリンタをクロスケーブルで繋いで1対1の状態で行います。(AppleTalkで通信するのでIPなどを振る必要は無い)

その作業用のMacの環境にも色々条件があります。
 ・OSのバージョンは7.1~9.xxまでを使い、ATMをインストールしておく。
 ・FDドライブの無い機種(G3やG4)の場合は外付けのUSB-FDドライブを用意し、Mac本体のUSBポートに直接繋ぐ。
  (対応するFDドライブのメーカーや機種も決められている)
 ・「USB Floppy Enabler」という機能拡張ファイルをモリサワのサイトよりダウンロードしインストールする。
 ・仮想記憶を“切”にし、機能拡張も最低限のものだけを読み込むようにしておく。

そしてプリンタ側も当然AppleTalkが使える状態にし、作業中にトナー切れなどを起こさないように準備する。

■時間がかかる
たとえ順調にダウンロードができたとしても1書体あたり15分程度は掛かります。
ダウンロード中はひたすら待つのみ。
そして1書体ダウンロードが成功する度にMacとプリンタを再起動しなくてはなりません。
起動の遅いMacやRIPだとそれだけで時間を消費してしまいます。

これを書体数分だけ繰り返すのですが、途中で失敗したりするとどんどん時間が経過してしまいます。

■失敗する
今時FDを使うこと自体納得できません。
このFDはキーディスクになっていて、一度ダウンロードすると他のプリンタにはダウンロードできないようにするためのプロテクトが入っています。(実際のフォントデータは付属のCDに収められている)
このFDが曲者で、うまく読み込めないと失敗の原因になります。
私たち仲間の間では「おまじない」といって、FDをドライブに入れる前にカチャカチャと振るのが慣例になっています。
FDなどというレガシーデバイスはもうやめて、せめてUSBキーみたいなものにしてくれれば良いのにと思います。

更にはプリンタ側のご機嫌にも左右されることがあります。
今回のインストール作業でも数書体入れたところでプリンタが応答しなくなるという事態に陥り、仕方なくプリンタのHDを初期化して初めからもう一度ダウンロードするという状況に陥りました。(原因不明)

**********************************
これらの難関をクリアしつつ、今回の作業は午後から始めたのですが終了したのはもう日付も変わろうかという時間でした。
翌日の眠いこと。
ちなみに上記の作業はモリサワのフォントでしたが、フォントメーカーごとにダウンロード方法はいくつかあります。
もしこの「苦痛な作業」を行なう事になった場合にはあらかじめ各メーカーのサポート情報をよく読むことをお勧めします。

<ご参考>
・モリサワ NewCIDフォントに関する基本的な注意事項


iconiconOpenType 基本7書体 for Macintosh icon
価格 31,500円(税込)
OpenTypeフォントの7書体のセット。リュウミン-KL、中ゴシックBBB、太ミンA101、太ゴB101、じゅん101、見出ゴB31、見出ミンA31を収録。Macintosh版。

iconiconOpenType 基本7書体 for Windows icon
価格 31,500円(税込)
OpenTypeフォントの7書体のセット。リュウミン-KL、中ゴシックBBB、太ミンA101、太ゴB101、じゅん101、見出ゴB31、見出ミンA31を収録。Windows版。

|

« Mac:ブラウザ | トップページ | えっ!Serial ATA »

コメント

個人相手ではコナイナ仕事は来ないようです。
お疲れ様でした。請求額が多少気に成る所で有りますがね。

投稿: p | 2006.02.25 07:52

pさん>

>請求額が多少気に成る
単発でこの作業受けたらいい収入になります。
ただそこはB2Bの世界。イロイロな思惑が絡み合い難しい世界なのです。

投稿: infrastructure | 2006.02.25 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/8806611

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタフォントのインストール:

» OpenType 基本7書体 for Macintosh M007008 [パソコン価格比較]
[続きを読む]

受信: 2007.09.14 15:32

« Mac:ブラウザ | トップページ | えっ!Serial ATA »