« 謹賀新年 | トップページ | 暫定ADSL接続 »

2006.01.09

初春の配線作業

2006年度初仕事です。
年明け早々の移転に伴う新オフィスのLAN&電話配線の案件です。
現場の下見と什器類のレイアウト図の確認は昨年末に済ましてありましたので計画に従い作業開始。

layout新オフィスの面積は約45坪の長方形、50×50㎝のタイルカーペット敷き。残念ながらOAフロアではありませんが所々に配管の口とコンセントが配置された3Wayと呼ばれる床仕様です。
床の配管は部屋内に設置されたIDFと呼ばれる外部との中継端子盤につながっています。
配線作業1日目は電話および光ケーブルの部屋内への引き込み(こちらはNTTから派遣された業者さんの管轄)と部屋内の基幹配線です。
限られた配管ですので業者さんとこちらの作業はお互いに使う配管位置とケーブルの本数を確認しあいながら交代で作業することになります。先に光ファイバケーブルを通されると後から別の線を通すのは結構神経を使います。

floor-IDF

床の配管口から立ち上げたケーブル類は踏まれて断線しないようにプロテクタをかぶせて目的地まで引き廻します。
このプロテクタも中を通す線の本数やカーペットの色、貼る場所などを考慮する必要があるので結構気を使う作業になります。
配管の位置がちょうどよい位置にくるとは限りません。そんなときは電話もLANもフラットケーブルをカーペット下に這わせて配線します。
新築やリフォームをしたばかりの物件だとタイルカーペットを床に貼り付ける接着剤の粘着力がとても強く、特にこの時期(冬場)は接着剤も冷えて固まっているので一枚のカーペットを剥すのにも一苦労です。

Wire

そんなこんなで基幹配線がほぼ終了した後、電話は主装置(PBX)、LANはインターネットへの接続機器の設置と設定に移ります。主装置のほうは仲間に任せて私はネットワーク機器の設定を担当しました。
こちらのユーザーさんはインターネットへの接続をBフレッツとフレッツADSLの2回線契約されてます。
 ・Bフレッツ用ルータ : AllideTelesis CentreCOM AR260S
 ・ADSL用ルータ : NTT ADSLモデム-NVIII (レンタル)
 ・基幹HUB : Allied Telesis CentreCOM 8124
あとファイルサーバーとしてアイ・オーデータのNAS「HDML-160U」を写真のように配置しました。
HUBですがVLANなどを切るというご要望はありませんでしたので特に設定はしていません。接続しているLANケーブルも数本で「別にこんな立派なHUBを使わなくても」とも思いましたがこれは旧オフィスで数年前に購入したもだそうで、まだ十分に使えるのでそのまま移設しました。
ちなみに右上のNTTさんが設置していったメディアコンバータですが、この型を見たのは今回が初めてです。いったいどこのメーカーのOEMでしょう?

rack

2日目は引越しの当日です。
運送屋さんの手順としてはまずは大型什器の搬入が先になります。
この時点ですでに敷設した基幹線が棚などに踏まれていないか確認し微調整をします。
そして机が運び込まれ配置された直後が勝負です。
クライアント接続用の島HUBを設置、電源を確保、各席へのLANケーブルの配線を行います。
ここまで終わってしまえばあとは各机に設置されるパソコンやプリンタなどが荷解きされるまで“待ち”になります。
そしてパソコンの結線をしながらLANの動作確認を行い、プリンタなどのLAN接続機器を立ち上げて確認。

電話の端末も設置して、以上で作業完了。
最終的にクライアントのパソコンが18台、プリンタが2台の構成でした。
まあ若干の機器の配置位置変更もありましたが概ね予定通り終了です。

正月休みで訛った身体には少々つらい初仕事でしたが今年もガンガン行きたいと思います。(あ~、腰が痛い!)

|

« 謹賀新年 | トップページ | 暫定ADSL接続 »

コメント

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

詳細な内容楽しく読みました
実経験の無い、レイアウト図など実に新鮮で興味深々。
又、記事アップお願いします

投稿: ike@九州 | 2006.01.10 09:17

http://infrastructure.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/network/images/Wire.jpgの左側の写真は見たことが有ります。
中はこんな風に成っているのですね?
こういった案件を受注する事は有り得ませんが、コジンサポトのスキルでも出来ますか?
出来ない場合、何が出来ないと思われますか?

投稿: prtwqq | 2006.01.11 05:15

コメントありがとうございます。

パソコンの設定とネットワークインフラを押さえてしまえば必ずリピートがあります。買換えや増設、LAN拡張、トラブル対応など・・・。

LAN工事は部材と道具の使い方さえ覚えてしまえば特に資格も免許もいりません。
ただ規模が大きい場合チームでの作業じゃないときついですね。スキルも経験値で決まります。
個人だと難しいかもしれませんが大規模なビル配線などはバイトもあるみたいです。(私は経験無いんですが)
そこで技術を盗むのも一手かも。

投稿: infrastructure | 2006.01.11 18:39

年明け早々ご苦労さまです。
体調不良から、更にはインフルエンザと
さんざんですが、ことしもがんばります。

電気工事やさんにバイトにいくのも
技術を盗むいい手なんですね。

たしかにインフラ押さえる、サーバー押さえると強いですね。

一番簡単な作業の一環として、LANケーブル
つくりとかがありますよね。

業務用のLAN線とコネクターでLANケーブルを作り上げる
これもひとつの作業としては重要になってくる
とおもいます。

投稿: hiyoko | 2006.01.17 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/8075700

この記事へのトラックバック一覧です: 初春の配線作業:

« 謹賀新年 | トップページ | 暫定ADSL接続 »