« DELL Optiplex GX270導入記 No.5 | トップページ | iMac G5 の故障 »

2005.06.09

Interop Tokyo 2005

今年も行ってきました「Interop Tokyo 2005」 in 幕張メッセ
 公式ページ:http://www.interop.jp/
昨年までの「NetWorld+Interop Tokyo」という名称が今年から「Interop Tokyo」に変更されています。
 プレスリリース:http://www.medialive.jp/press-release/inner.php?news_c=1040

interop

「Interop」とは最新のネットワーク環境やソリューションを体感できる展示会です。開催期間だけのためにネットワークが張り巡らされた会場はそれ自体がひとつのネットワーク・ショーケースとなり、各社のブースには様々なネットワーク関連機器が並べられ派手な衣装を着たコンパニオンのお姉さんがカタログやアンケートを配り、技術者の皆さんが熱心に自社製品の説明をしています。
会場に足を運ぶお客さんもエンドユーザーだけではなくそれらの機器を販売するリセラーや技術者の方が多く、スーツ姿の人がメインです。
このあたりはモーターショーやWPC EXPO とは一味違った雰囲気です。
今年は「個人情報保護法」の施行や情報流出などの話題が取り上げられたこともあり“セキュリティ”というキーワードがかなりの部分を占めているように感じられました。

この展示会のもうひとつの楽しみが、各社が配っているノベルティグッズ集めです。
アンケートに答えて名刺を添えて受付に出すと製品のカタログとともにいろんなノベルティグッズがもらえます。
ほかにも抽選会や福引などを行っているブースもあり、自転車やデジタルハイビジョン液晶TVなんかも当たるみたいです。
今年は見学の時間が短かったせいもありやや少なめでしたが収穫はこんな感じでした。

Novelty


初めて「Interop Tokyo」に行ってみようかなと思っている方のために『心得』を伝授しましょう。
■チケットの入手は事前登録が便利
公式ページから登録できます。当日スムーズに入場できます。
■名刺はたくさん持っていきましょう
アンケートを記入する時に会社名や住所・氏名などを記入する手間が省けます。
■興味あるブースは事前にチェック
闇雲に歩き回ると疲れます。自分なりのコースを決めておくとよいでしょう。
■説明員の人と会話ができるくらいの知識は身につけていきましょう。
製品についてわからない事はどんどん聞いてしまいましょう。でも、最低限の基礎知識は持っていたほうがよいと思います。
■リュックサックを持っていくといいかも
製品のカタログ収集を目的で行かれる方にお勧め。会場でもらえる手提げ袋では帰り道ヘトヘトになります。
持ちきれないくらい集めちゃった人は現地からの宅配サービスもあります。
■コンパニオン目当てに行くのはやめましょう
  会場内は基本的に写真撮影禁止です。コンパニオンのお姉さん達もポーズとってくれたりはしません。
   (でも綺麗なコンパニオンさんはたくさん居ますので見るだけならOKかも・・・)

以上、参考になるかどうかは別として興味ある方は是非足を運んでみてください。

|

« DELL Optiplex GX270導入記 No.5 | トップページ | iMac G5 の故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/4475602

この記事へのトラックバック一覧です: Interop Tokyo 2005:

« DELL Optiplex GX270導入記 No.5 | トップページ | iMac G5 の故障 »