« DELL Optiplex GX270導入記 No.4 | トップページ | Interop Tokyo 2005 »

2005.05.06

DELL Optiplex GX270導入記 No.5

■冷却効果
クーラー交換によるCPUの冷却、失敗でした。
電源を入れてから3時間ぐらい経過した頃にケースの電源のあたり触れてみたところホンワカと暖かいではありませんか。しかも電源のFANから排出される空気が以前よりに暖かいのです。
どうやらCPUの熱が機内に充満し電源ユニットのFANが一生懸命その熱を吐き出しているのが原因のようでした。この段階では温度計を外していたのでCPUの温度がどのくらいだったかは不明ですが、このままではCPUの熱をマザーボードに吹き付けていることになり周辺にあるコンデンサなどにも悪影響を及ぼしかねません。

これではマズイ!という事で計画変更。
元々付いていたダクト&FANユニットからFANのみを外し、CPUクーラーのFANをこのダクトユニットに取り付けました。風向も排気方向に変更。
さらに温度計もCPU部分に固定し常時監視できるようにしました。

Temp

CPUの放熱板とダクトの干渉が心配だったのですがこちらは結果オーライ。偶然にもぴったりと収まってくれました。で、機内はこんな感じになりました。

cooler

さてさて電源再投入。
今度は常にCPU温度が監視できるのでちょっと測定してみました。

▼Windowsを起動しアプリケーションは動かさないアイドル状態で
 ・ファン最低速→ 42.5℃
 ・ファン最高速→ 34.0℃

▼CPU使用率を90%以上に維持した状態で
 ・ファン最低速→ 61.2℃
 ・ファン最高速→ 41.2℃

 ※室温22℃、電源投入後10分経過してから測定

以上、試行錯誤の結果しばらくはこの状態でDELL Optiplexとお付き合いして行きたいと思います。
いずれは「水冷」にもチャレンジしてみたいのですがまだ気に入った製品に出会ってないのでもうちょっと待ってみたいと思います。

ひとまず「DELL Optiplex GX270導入記」はこれにて終了。

|

« DELL Optiplex GX270導入記 No.4 | トップページ | Interop Tokyo 2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67995/4011099

この記事へのトラックバック一覧です: DELL Optiplex GX270導入記 No.5:

« DELL Optiplex GX270導入記 No.4 | トップページ | Interop Tokyo 2005 »